京都の近代建築を考える会

近代建築を考える会です

京都の近代建築通信・104号

近代建築通信104号を発行しました。
==========
京都の近代建築を考える会の新型コロナウイルスへの対応について

COVID-19の災厄下、会員の皆様には如何おすごしでしょうか?
「京都の近代建築を考える会」も3月8日の「市民が選ぶ文化財」選定委員会を最後に活動休止の状況で、通常であれば5月頃には総会を行い、新しい年度の活動を開始しているはずでしたが、すべて休止のやむなきに至っています。
ようやく7月に幹事会を開催し、今後の活動についての方針を話し合いました。

まず、現在の活動年度を来年に開催する総会までの2年間とします。よって今年は会費を徴収しません。
また、涼しくなる10月くらいから徐々に見学会などを企画しますが、この際、オンライン、ネットを活用していきます。
これを機会に、遠方にお住まいの方、外出のしにくい方でも、会の活動を身近に感じていただけたらと思います。
会員の皆様には、あらためてメールアドレスを幹事からお伺いする場合があるかも知れません。ご協力をお願いします。

ネットの活用ということでは、「京都の近代建築を考える会」フェイスブックページを作成しました。
https://www.facebook.com/kyoto.kindai.archi/
ページをフォローしていただけますようお願いします。

以上、そろりとですが活動を再開しましたので、皆様のご参加、ご協力をお願いします。

◆訃報
◆書籍の案内
◆「市民が選ぶ文化財」選定委員会・報告
◆まちづくり共同研究会・報告
◆イベント案内「京の地蔵盆
◆追悼(故人を偲ぶ)

f:id:kyo-kindai-archi:20200818191045p:plain:w450
news104