京都の近代建築を考える会

近代建築を考える会です

見学会・京都大学農場本館

京都大学農場が高槻市から木津川市へ移転の予定だそうです。
本館の見学会と、北島宣先生(京都大学農学部教授)石田潤一郎先生(京都工芸繊維大学教授)の講演会が開催されます。

昭和初期に建築された本館および付属建物の一群はとても魅力的な景観で、付属建物は取り壊しの予定と聞いております。
せめて本館の保全について、みなさまに応援いただければありがたく存じます。

本年 4月に京都大学農場が、現在の高槻市から京都府木津川市に移転の予定です。京大農場本館は、昭和初期の京大施設を多数設計した大倉三郎先生(京都工芸繊維大学元学長)が、京大営繕課時代初期に手掛け、大倉先生の師である武田五一先生が監修した、近代建築史上重要な建物です。た、本農場は、京大農学部の農学と農業に関わる実習教育の場として、日本の農業・農学、海外の関連分野を先導する人材を輩出してきた、産業遺産・教育遺産でもあります。このような、本農場の多彩な歴史的価値に鑑み、農場の中心施設である京大農場本館の有期的保全を期するものです。
今般、京大農場を見学する最後の機会として、本見学会を催し、農場施設の歴史的価値を幅広く発信してきたいと考えます。
 (京大農場建築史研究会)

         記

日時 平成28年2月13日(土)午後1時−午後4時

場所 京都大学大学院 農学研究科附属農場
   〒569-0096
   大阪府高槻市八丁畷町12−1 電話 072-685-0134(農場事務室)
   最寄駅 阪急・高槻市駅から、徒歩 10 分・タクシー5 分
   注)公共交通機関でお越しください。障害のある方は、ご相談ください。
   農場の概要・MAP 等 http://www.farm.kais.kyoto-u.ac.jp/

スケジュール(進行によって変更あり)
12時− 受付 京大農場本館 1 階にて

13時−14 時 プログラム1 講演 於:本館 2 階大講義室
   (仮)京都大学農場の沿革と日本農業への貢献
   北島 宣 先生( 京都大学大学院農学研究科附属農場 教授 )
   (仮)近代建築史から見た京都大学農場本館
   石田 潤一郎 先生( 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 教授 )

14時−15時30分 プログラム2 場内見学(複数に分かれてご案内いたします)
   農場本館と農場主要施設の見学 ご案内 北島先生、石田先生

( 休 憩 )
15時45分−16時30 分 プログラム3 意見交換と茶話会
   ご感想と意見交換 本館保全のために(司会 森吉裕志/大阪ガス )

※受付後、 本館1階会議室で、農場主要施設の設計図面(部分、複写、武田・大倉の押印、初公開)をご覧いただけます。

参加費 1000円
申込先 森吉 moriyoshihiroshi03@gmail.com
     (お名前、年齢、性別、連絡先をメールにてお知らせください)
申込〆切 2月10日(水)先着順 定員 50名