京都の近代建築を考える会

近代建築を考える会です

壽岳文章一家(文章・しづ・章子)の文化的業績についての調査研究会

会員・小林さんからのお知らせです。

                                                                                                                                                            • -

 かねてより地域の文化遺産を検討していく中で、壽岳文章一家の業績についての研究会を発足させようと準備をすすめてきましたが、今回第1回研究会を開催することになりました。

[第一回研究会]
テーマ『近代住宅史から見た壽岳文章邸』
    −壽岳邸の建築史的価値について−

講師 石川祐一氏(京都市文化財保護課文化財保護技師(建造物担当)、学術博士)
[プロフィール]
1967年東京生まれ。岡山大学文学部史学科卒業。京都府立大学大学院生活科学研究科修士課程修了。京都工芸繊維大学大学院造形工学研究科博士課程修了(学術博士)。1997年より現職。
専門は近代建築史、住宅史。
著書に『近代建築の夜明け 京都熊倉工務店−洋風住宅建築の歴史』(淡交社)、『民芸運動と建築』(淡交社、共著)など。

日時:8月30日(日) 2:00〜4:00(1:30受付)
会場:向日市民会館 第5会議室

参加無料 どなたでもご自由にご参加ください。

主催:壽岳文章一家の文化的業績についての調査研究会
   代表 中村隆一(連絡先:075-933-8497)