京都の近代建築を考える会

近代建築を考える会です

京都の近代建築通信・105号

近代建築通信・105号を発行しました。
==============
お手元に届いているでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
==============
「京都の近代建築を考える会」フェイスブックページを作成しました。
https://www.facebook.com/kyoto.kindai.archi/
ページをフォローしていただけますようお願いします。

◆「市民が選ぶ文化財」選定委員会 お知らせ
 2021年第1回 日時:2021年 1月30日(土) 13:30~15:30頃
 場所:進々堂大北門前(京都市左京区北白川追分町88)
◆近代建築話題いろいろ
 ★情報募集!七条河原町北東角の小さなクリーニング屋さん?
  同じく七条河原町南西角の建物群・・・未調査のようです。
 ★建設通信新聞、建設タイムズの記事より
  登録有形文化財「堀ビル」の保存活用
  重要文化財「旧奈良監獄」の保存活用(←先月、外観を見に行きました 興味深い)
  登録有形文化財「弥栄会館」
 ★解体撤去・・・残念なお知らせ・北山通「顕真学苑」
◆横浜ホテルニューグランド宿泊体験記
◆原稿募集 みなさんの近況をお知らせください。
 スケッチや写真の寄稿もお待ちしております。

!なぜかメールが届かない状況になってます。コメントかfacebookメッセージでお知らせください!





f:id:kyo-kindai-archi:20201231161545j:plain
news105

新年

あけましておめでとうございます。

昨年はコロナと馬鹿な政府や自治体に振り回された1年でしたが、今年も政治家(屋?)を当てにせず、自己防衛と連帯とコロナに対応した生活スタイルの模索で頑張るしかなさそうです。
さて昨年も残念ながら『市民が選ぶ文化財』の選定ができず仕舞いでした。
また文化財サミットの準備も進めることができず、ふがいない執行部として会員の皆様にお詫びするしかない状況です。
この閉塞状況を打破するために、今年は「市民が選ぶ文化財選定委員会」を2か月に1回の頻度で年間を通して定期的に開催したいと考えています。
近代建築見学会もそれに合わせて企画する予定ですが、近代建築の定義を築後50年以上として、1970年以前に竣工した建物まで、また洋風、和風を問わず木造建築にまで広げたいと考えています。
そして近代建築の研究者の方々にも選定委員会に加わっていただき、多様な視点から文化財の選定を進めて行きたいと思います。
当会が誇るユニークな活動として『市民が選ぶ文化財』を選定、顕彰し続けることは、愛着をもって暮らしに寄り添う近代建築を発掘し、その保存活用を広げるに大きな力となると考えております。
是非、会員の皆様にも積極的に選定委員会に加わっていただきますよう、お願いいたします。
代表:宮本和則

f:id:kyo-kindai-archi:20201231160028p:plain
疫病退散

市民が選ぶ文化財 選定委員会のお知らせ

「市民が選ぶ文化財」選定委員会のお知らせ
~*~2021年第1回~*~
日時:2021年 1月30日(土) 13:30~15:30頃
場所:進々堂大北門前(京都市左京区北白川追分町88)
参加費:無料(飲食代は各自でご負担下さい)

新年より、選定委員会を定期的に開くことにします。
コロナを経て痛感しているのは、私たちには近代建築を通じてつながる場が必要だということです。
健康・安全のために人とのつながりを諦めるなどという極端な二者択一は健全ではありません。
人知をもって両方を追求すべきと思います。
私たちはカフェなどの近代建築を利用することで、近代建築を味わい楽しみ、お店の存続にもつながることを願っています。
もちろん、みなさん無理は禁物。遠方の方、外出がしにくい方のための参加方法も考えていきます。
※問合せ・連絡は、宮本の携帯(090-1152-1302)までお願いします。

京都の近代建築通信・104号

近代建築通信104号を発行しました。
==========
京都の近代建築を考える会の新型コロナウイルスへの対応について

COVID-19の災厄下、会員の皆様には如何おすごしでしょうか?
「京都の近代建築を考える会」も3月8日の「市民が選ぶ文化財」選定委員会を最後に活動休止の状況で、通常であれば5月頃には総会を行い、新しい年度の活動を開始しているはずでしたが、すべて休止のやむなきに至っています。
ようやく7月に幹事会を開催し、今後の活動についての方針を話し合いました。

まず、現在の活動年度を来年に開催する総会までの2年間とします。よって今年は会費を徴収しません。
また、涼しくなる10月くらいから徐々に見学会などを企画しますが、この際、オンライン、ネットを活用していきます。
これを機会に、遠方にお住まいの方、外出のしにくい方でも、会の活動を身近に感じていただけたらと思います。
会員の皆様には、あらためてメールアドレスを幹事からお伺いする場合があるかも知れません。ご協力をお願いします。

ネットの活用ということでは、「京都の近代建築を考える会」フェイスブックページを作成しました。
https://www.facebook.com/kyoto.kindai.archi/
ページをフォローしていただけますようお願いします。

以上、そろりとですが活動を再開しましたので、皆様のご参加、ご協力をお願いします。

◆訃報
◆書籍の案内
◆「市民が選ぶ文化財」選定委員会・報告
◆まちづくり共同研究会・報告
◆イベント案内「京の地蔵盆
◆追悼(故人を偲ぶ)

f:id:kyo-kindai-archi:20200818191045p:plain:w450
news104

幹事会しました

久しぶりに幹事会をしました。
当面の活動について、あれこれ。
今すぐに動き出すことはできないのですが「近代建築通信」を発行します。
もうしばらくお待ちください。

今さらですが、facebookページも作ることにします。
オンラインで繋がることについて、ずいぶんハードルが低くなってるかもしれないと感じます。
会員みんながネット環境下にあるわけではないのですが
できれば少しずつでもゆるく繋がっていきたいと思います。
facebookアドレスをお知らせしますので、メールアドレスがある方はお知らせください。
よろしくお願いいたします。(小出)

円満字さんの「タイル大好き」

お久しぶりです。
新型コロナウイルス禍の影響から、近代建築を考える会でも「建築ウォッチング」を延期しました。
政府による感染拡大防止のための緊急事態宣言が4月7日、(京都での)解除が5月25日。
状況を見ながらの「新しい生活様式」がもとめられています。
近代建築を考える会の総会もまだ様子見をしている状況です。

自粛期間中に、時差出勤やリモートワーク等、働き方そのものを見つめ直す機会になっています。
人と人が集まって、会って話して生まれるものもあれば、遠く離れていてもオンラインでつながって今までとは違う発見もあるのかなと感じています。(小出)


ステイホーム期間中に、ネット上の情報も 前よりよく見るようになりました。
以前からフォローしていた円満字さんのtwitter

タイル紹介がとても可愛くて好きです。

市民が選ぶ文化財 選定委員会のお知らせ

京都の近代建築通信~番外編~

「第14回市民が選ぶ文化財」 選定委員会 ~2020年第2回~

日時:2020年 3月 8日(日) 13:30~15:30くらい
集合:四条木屋町南側13:30

前回の通信では第1回のお知らせのみ記載して いましたが、第2回を以下の要領で開催すること になりましたのでお知らせします。
文化財候補「大傳梅梅」、任天堂(外観) などを見学します。
参加費:無料(飲食代は各自でご負担下さい) 連絡先:090-1152-1302(宮本携帯)


ーーー第1回(2月11日)の報告ーーー
コロナウィルスの影響で観光客が激減、と報 道される中、2/11(火・祝)に開かれた選定委員会 2020年第1回は、参加者7名で清水界隈を歩きま した。
確かに観光客はだいぶ少なく、歩きやす かったです。
清水坂と茶碗坂に挟まれた一画に 京都市街を見渡すテラスのあるカフェがあり、 温かな(暑いくらいの)太陽の下、まずは気にな る建物を挙げていきました。
飲食店として活用 されている「大傳梅梅(だいでんめいめい)」を 第一候補として次回、見に行こうということに なりました。(桜井郁子)